三海峡先制封鎖の準備を
─────────────────────────────────
〔サブタイトル〕 -
〔著者〕 中川八洋(筑波大学助教授・国際政治学)
〔シリーズ〕 -
〔該当頁〕 39~41頁
〔目次〕 

 

国防を忘却した日本 39
三海峡封鎖は先制が原則 40
臆病はケガのもと 40
自国防衛の決意が平和をもたらす 41

 

〔図表〕 なし
〔注記〕 -
〔分類〕 論文
〔備考〕 -

 

─────────────────────────────────
見出し
─────────────────────────────────
 昨年十二月、我が国の領土である択捉島にソ連はミグ─21戦闘機を一ヶ飛行隊(二十数機)配備した。いよいよ、対日侵攻の準備もかなりの段階に達した模様である。特に、択捉島の空軍基地は、三千メートルの滑走路となり、最新鋭の戦闘爆撃機がいつでも配備できる。
 バックファイアーの訓練も、完全に有事レベルで完成したと思われる。昨年九月十四日には、マガダンを出発した十一機が輪島沖に未明に出現したし、九月三十日と十月一日には、日本海に入った米空母「エンタープライズ」と「ミッドウェー」に対して、それぞれ四機編隊でAS-4ミサイル攻撃の模擬訓練を実行した。
 最早、日本海は“日本海”ではなく、オホーツク海同様に、“ソ連海”になりつつある。日本は、着実にソ連に包囲されつつあるし、この包囲網は着実に、堅固にかつ狭まりつつある。

 


〔媒体名〕 『動向』1426 1983年2月号
─────────────────────────────────

〔副題〕 -
〔編集〕 -
〔シリーズ〕 -
〔出版社〕 動向社
〔発行年〕 1983-02
〔ページ〕 頁
〔ISBN等〕 -
〔価格〕 
〔体裁〕 B5判 25.7cm×18.2cm
〔注記〕 -
〔備考〕 武藤貞一(むとうていいち、1892-1963)により創刊

 

─────────────────────────────────
所蔵
─────────────────────────────────

国立国会図書館 あり(請求記号:Z1-129)
http://iss.ndl.go.jp/
都立中央図書館 なし
都立多摩図書館 なし

 

─────────────────────────────────
情報元
─────────────────────────────────

─────────────────────────────────
他文献
─────────────────────────────────

─────────────────────────────────
備考
─────────────────────────────────

─────────────────────────────────
内容
─────────────────────────────────

─────────────────────────────────
更新履歴
─────────────────────────────────

2013-08-04


一つ前のページに戻る〕〔サイトのトップに戻る〕〔このページのトップに戻る