『ここがおかしい「男女共同参画」』
アマゾンへ注文
─────────────────────────────────
〔副題〕 暴走する「ジェンダー」と「過激な性教育」
〔著者〕 山本 彰編著
〔シリーズ〕 -
〔出版社〕 世界日報社
〔発行年〕 2006-01-15
〔ページ〕 418頁
〔ISBN等〕 4-88201-083-6
〔価格〕 定価=本体1,500円+税
〔箱・帯〕 箱:なし 帯:不明
〔体裁〕 四六判(しろくばん):18.8×12.9cm
〔図表〕 あり
〔注記〕 -
〔分類〕 図書
〔備考〕 -

 

─────────────────────────────────
目次
─────────────────────────────────

─────────────────────────────────
関連部分
─────────────────────────────────
マネーの「双子の症例」が、一九七〇年代の米国の性革命やフェミニズム運動に与えた影響は計り知れない。わが国でも、男女の性差は生物学的なものではなく社会的、文化的条件で決定されると主張するフェミニズムの理論的根拠となった。

 

中川八洋・筑波大学教授は共著書『教育を救う保守の哲学』で、「日本のフェミニストの多くがつかうgenderという概念や用語は、主としてマネーの『Man & Woman, Boy & Girl(男と女、男の子と女の子)』(一九七二年)や『Sexual Signatures(性の署名)』(一九七五年)に依拠したものである」と明確に述べている。
(以上、p.284)


──中川八洋・筑波大学教授が指摘するように、ジェンダーの定義はマネーに依拠しており、それが政府の男女共同参画基本計画に盛り込まれ、それに則った政策が実行に移されています。

新井 ジェンダーの定義をそう書いたところで、それがジェダーのすべてだということにはなりません。生まれる前に性差があって、その上に社会的文化的なものが加わって、それが増幅されて作られていると考えなければいけないのです。


(以上、pp.301-302。引用文中「新井」とは脳科学者・新井康允(あらい・やすまさ、1933~)氏のこと。


(以上、引用文の行あけは引用者による)


─────────────────────────────────
著者略歴
─────────────────────────────────
山本 彰(やまもと・あきら)
鳥取県生まれ。東京大学文学部卒業後、世界日報社入社。社会部、政治部などを経て、1987年から1993年までボン特派員、1998年から2000年までワシントン特派員。現在、編集委員。取材班チーフとして『朝日新聞の「犯罪」』を執筆。『宗教と政治の接点』の取材チームに参加(いずれも世界日報社刊)。

 

─────────────────────────────────
所蔵
─────────────────────────────────
国立国会図書館 あり(請求記号:EF72-H411)
http://iss.ndl.go.jp/
都立中央図書館 あり(請求記号:/ 367.1/ 5239/ 2006)
https://catalog.library.metro.tokyo.jp/winj/opac/search-detail.do?lang=ja
都立多摩図書館 なし

 

─────────────────────────────────
情報元
─────────────────────────────────

─────────────────────────────────
他文献
─────────────────────────────────

─────────────────────────────────
備考
─────────────────────────────────

─────────────────────────────────
内容
─────────────────────────────────

─────────────────────────────────
更新履歴
─────────────────────────────────
2014-07-11

 

一つ前のページに戻る〕〔サイトのトップに戻る〕〔このページのトップに戻る