学群長側、全面的に争う姿勢
─────────────────────────────────
〔サブタイトル〕 筑波大教授損賠訴訟・第1回口頭弁論/茨城
〔著者〕 -
〔シリーズ〕 -
〔該当頁〕 面
〔体裁〕 単色
〔図表〕 なし
〔注記〕 -
〔分類〕 新聞記事
〔備考〕 -

 

─────────────────────────────────
関連部分
─────────────────────────────────

 女性べっ視発言をしたとして、教員会議で非難決議を受けたのは、ひぼう中傷に当たるのに、是正措置を怠ったとして、筑波大(北原保雄学長)第3学群国際総合学類の中川八洋教授が、同学類を監督する立場の谷村秀彦第3学群長を相手取り、505万円の損害賠償と謝罪を求めた民事訴訟の第1回口頭弁論が9日、水戸地裁土浦支部(日野忠和裁判官)で開かれた。
 ◇「主張自体、当を得ていない」
 学群長側は「損害賠償には理由がなく、主張自体、当を得ていない」と請求棄却を求める答弁書を提出、全面的に争う姿勢を示した。
 大学などによると、中川教授は昨年8月、長崎県諫早市で行った研修会の講演の中で、女性をべっ視するセクハラ発言をしたとされ、女性団体などから大学に100通を超える抗議文書が殺到。同学類教員会議は昨年11月、「大学人として品位と良識に欠け、国際学類の信用を著しく傷つけた」などとする非難決議を可決した。
 ◇「適切な措置行わなかった」
 中川教授は「決議は中傷、ひぼうであり、学群長はそれを是正するための指導、措置を行わなかった」と訴えている。一方、中川教授はこれとは別に国際総合学類長らを名誉棄損の罪で水戸地検に告訴している。

 


〔媒体名〕 毎日新聞 地方版/茨城 平成12年2月10日
─────────────────────────────────

〔号数〕号
〔出版社〕 毎日新聞社
〔発行〕2000年2月10日発行

─────────────────────────────────
所蔵
─────────────────────────────────

国立国会図書館 あり
都立中央図書館 あり
都立多摩図書館 あり

─────────────────────────────────
情報元
─────────────────────────────────

─────────────────────────────────
他文献
─────────────────────────────────

─────────────────────────────────
備考
─────────────────────────────────

─────────────────────────────────
内容
─────────────────────────────────

─────────────────────────────────
更新履歴
─────────────────────────────────

2013-07-24


一つ前のページに戻る〕〔サイトのトップに戻る〕〔このページのトップに戻る