文壇アウトローズの世相放談 坪内祐三&福田和也「これでいいのだ」vol.167
─────────────────────────────────
〔サブタイトル〕 -
〔著者〕 坪内祐三、福田和也、康芳夫、構成・石丸元章
〔シリーズ〕 -
〔該当頁〕 132~135頁
〔目次〕 

 

康さんを迎えての会食&放談は、「天皇」をめぐってヒートアップ 132
   「和也」は日本壊滅をもくろむ“極左”だって 132

皇室典範をこんなに軽く扱うとは、小泉の軽さの最たるものだ(福田) 134
   あの戦争は本当に「軍が暴走」したのか? 134
   もし天皇制がなくなったら日本の“国柄”は変わるか 135

天皇が男でも女でもどうだっていいじゃん(坪内) 135

 

〔図表〕 なし
〔注記〕 -
〔分類〕 放談
〔備考〕 20050925『福田和也と《魔の思想》』を受けてのもの


─────────────────────────────────
見出し
─────────────────────────────────

伝説の興行師、夜の怪人、本物の教養人である康芳夫氏。この日、ひょんなことから放談に友情出演していただく運びとなった。今月が店頭に並ぶ11月15日は紀宮さまの結婚式だし、先月25日には首相の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」が「女性・女系天皇OK」との結論を出したし──という編集部の気楽な前フリから、天皇をめぐる議論はどこまでも深まっていくのであった。統帥権、戦争責任、皇居に爆弾・・・・・・もうコントロール不能。

 

 

〔媒体名〕 『週刊SPA!』54(49)2974 2005年11月22日号
─────────────────────────────────

〔別タイトル〕 スパ!
〔副題〕 Business, Culture and Entertainment Weekly
〔編集〕 -
〔シリーズ〕 -
〔出版社〕 扶桑社
〔発行年〕 2005-11-22
〔ページ〕 154頁
〔ISBN等〕 雑誌23454-11/22
〔価格〕 定価350円
〔体裁〕 A4変型判:27.0×21.0cm
〔注記〕 表紙の人:沢尻エリカ
〔備考〕 継続前誌:週刊サンケイ

 

─────────────────────────────────
所蔵
─────────────────────────────────

国立国会図書館 あり(請求記号:Z24-17)
http://iss.ndl.go.jp/
都立中央図書館 あり(請求記号: /スハ/ )
https://catalog.library.metro.tokyo.jp/winj/opac/search-detail.do?lang=ja
都立多摩図書館 あり(請求記号: /スハ/ )
https://catalog.library.metro.tokyo.jp/winj/opac/search-detail.do?lang=ja

 

─────────────────────────────────
情報元
─────────────────────────────────

・大宅壮一文庫 雑誌記事索引検索 Web版
http://www.oya-bunko.or.jp/

 

─────────────────────────────────
他文献
─────────────────────────────────

20050925『福田和也と《魔の思想》』

 

─────────────────────────────────
備考
─────────────────────────────────

・坪内祐三(つぼうちゆうぞう、1958-)
・福田和也(ふくだかずや、1960-)
・康 芳夫(こうよしお、1937-)

 

─────────────────────────────────
内容
─────────────────────────────────

─────────────────────────────────
更新履歴
─────────────────────────────────

2013-07-27


一つ前のページに戻る〕〔サイトのトップに戻る〕〔このページのトップに戻る