『原発ゼロで日本は滅ぶ』 

アマゾンへ注文
───────────────────────────────────

 

〔副題〕 “非科学”福島セシウム避難の国家犯罪
〔著者〕 中川八洋、高田純/共編
〔シリーズ〕 -
〔出版社〕 オークラ出版
〔発行年〕 2012-12-30
〔ページ〕 253頁
〔ISBN等〕 978-4-7755-1982-0
〔価格〕 本体1429円+税(1500円)
〔箱・帯〕 箱:なし 帯:あり
〔体裁〕 四六判 19.5cm×13.4cm ハードカバー
〔図表〕 あり
〔注記〕 -
〔分類〕 図書
〔備考〕 副題の「福島セシウム避難」のルビに「強制連行」の四字が付されている。

 

───────────────────────────────────
目次
───────────────────────────────────

 

まえがき 1
目次
序章 日本人よ!「脱原発」イデオロギーを殲滅せずに、“日本国の絶望"を座視する積りか 筑波大学名誉教授 11

 

第一部 セシウムで避難は、世界が嗤う“二十一世紀の奇観"

 

第一章 “非科学の極み"「帰還困難区域」の設定は、「原発テロリスト」菅直人の大犯罪 札幌医科大学教授 高田純 35

 

第二章 “阿片"「巨額の原発補償」を吸引した福島県民の惨たる自堕落。――菅直人に、強制連行による業務上過失致死罪を適用できないか 元航空幕僚長 田母神俊雄 60

 

第三章 セシウム避難の福島県人は、“狂気"「脱原発」の共犯者 上智大学名誉教授 渡部昇一・中川八洋 79

 

第四章 東電の賠償支払いは、ユダヤ人大量虐殺の実行犯SSに劣らぬ“世紀の重犯罪" 中川八洋 106
※SSには「ナチ親衛隊」のルビあり

 

第二部 嘘と詐言を駆使する「<脱原発>教」の狂った宣教師たち 
※<脱原発>教には「カルト」、狂った宣教師には「プロパガンディスト」のルビあり

 

第五章 「原発ゼロの会」河野太郎氏は、“売国奴三代" 中川八洋 155
※河野太郎には「代議士」のルビあり

 

第六章 小林よしのり著『脱原発論』は、“トンデモ有害図書" 高田純 173

 

第七章 “大妄想"再生可能エネルギーで国民を騙す飯田哲也氏 富士常葉大学教授 山本隆三 196

 

第八章 恐怖を煽って楽しむ武田邦彦氏は、“快楽嘘つき犯" 高田純 214

 

第九章 放射線恐怖を煽る、小林よしのり氏の暴論と害毒。――福島でセシウム発癌者は、未来永劫にゼロ 大阪大学名誉教授 中村仁信 232

 

あとがき 250

 

 

注1:まえがきのタイトル;避難の福島県人よ、直ちに帰郷せよ!/”国家犯罪”「帰還困難区域」に従ってはならない)は、目次になし。
注2:あとがきのタイトル;東京電力よ、自信と誇りをもて!/─日本製原子炉の安全性の高さを世界に証明したのが、/死亡ゼロの「福島第一」原発事故だ。(※編著者 中川八洋)

 

───────────────────────────────────
著者略歴
───────────────────────────────────

 

中川八洋(筑波大学名誉教授)

1945年福岡県生まれ。東京大学工学部航空学科宇宙工学コース卒。スタンフォード大学政治学科大学院修了。カーター大統領の(日本の核武装阻止も狙いの一つであった)核不拡散政策に抗して、(現在では青森県六ヶ所村にある)ウラン濃縮工場とプルトニウム再処理工場建設の日本国の権利を逆転的に米国政府に容認させたINFCE国際会議(ウィーン、1978~1980年)の日本政府首席代表。日本で唯一人の英米系政治哲学・法哲学の研究者。原子力問題・核戦略の分野での著者に、『脱原発のウソと犯罪』『現代核戦略論』『核軍縮と平和─SDIと対ソ核抑止』『日本核武装の選択』。未単行本に『核抑止の永遠 軍備管理の終焉』、非売品に『ウラン濃縮と核不拡散の理論』。

 

───────────────────────────────────
所蔵
───────────────────────────────────

 

国立国会図書館 あり(請求記号:DL213-L19)
http://iss.ndl.go.jp/
都立中央図書館 なし
都立多摩図書館 なし

 

───────────────────────────────────
情報元
───────────────────────────────────

 

・各章の初出は、第一章が『撃論』第四号・第六号、第二章が『撃論』第五号、第三章が『撃論』第五号、第五章が『撃論』第七号、第六章が『撃論』第七号、第七章が『撃論』第七号、第八章が『撃論』第三号、第九章が『撃論』第五号。
 なお、第四章は編著者・中川八洋の書き下ろし(あとがきに《本書は、論壇誌『撃論』に掲載された多くの「反・脱原発」の優れた論文の中から数本を選ばせていただき、それに私の書下ろしを加えたものです》(253頁)とある)。

 

───────────────────────────────────
他文献
───────────────────────────────────

 

 

───────────────────────────────────
備考
───────────────────────────────────

 

・帯情報;
避難の福島人よ!/直ちに帰宅・帰郷せよ。/医学に従い、「帰還困難区域」を無視する倫理をもて!/東電よ!直ちに賠償支払いを拒絶せよ。


───────────────────────────────────
内容
───────────────────────────────────

 

 

───────────────────────────────────
更新履歴
───────────────────────────────────

 

2013-05-20

 

 

一つ前のページに戻る〕〔サイトのトップに戻る〕〔このページのトップに戻る