『中国の核戦争計画』

アマゾンへ注文
───────────────────────────────────

 

〔副題〕 ミサイル防御<TMD>、核武装、日本・台湾同盟、の提唱
〔著者〕 中川八洋(筑波大学教授)
〔シリーズ〕 -
〔出版社〕 徳間書店
〔発行年〕 1999-09-30
〔ページ〕 273頁
〔ISBN等〕 4-19-861070-3
〔価格〕 定価:本体1600円+税
〔箱・帯〕 箱:なし 帯:あり
〔体裁〕 四六判 20.0cm×13.6cm ハードカバー
〔図表〕 あり
〔注記〕 -
〔分類〕 図書
〔備考〕 -

 

───────────────────────────────────
目次
───────────────────────────────────

 

まえがき──被爆国はまた被曝する 1

 

目次 8

 

第一部 核/化学ミサイルを撃破する
    ──有事(戦時)に国を守る

 

 第一章 日本を狙う「東風21」「巨浪1」核ミサイル 15
     ──中共は日本の”顕在敵国”
    暴走する中共─一九九一年の「トリプル幸運」
    日本を標的の「東風21」「巨浪1」
    台湾とTMD、日本とTMD
    中共の核増強プラン
 
 第二章 TMDと対中”核包囲” 41
     ──中共は解体できる
    「脅威との共存」から「脅威の除去」へ
    「東アジア戦域限定核戦争」は、中共の消滅
    インド核武装と中共の「自己抑止」
    『外交青書』の虚言と妄語
    TMD財源は、対中円借款を振替える    TMD──アジア核軍縮の特効薬
     
 第三章 「チャイナ・カード」という幻影 69
     ──アジア共産化の拡大を狙ったキッシンジャー
    虚像と実像の間──キッシンジャーの正体
    「上海コミュニケ」の陰謀
    「珍宝島事件」の奇々怪々──偶発衝突か、計画衝突か
    中露「戦略的パートナーシップ」の不変
    「日中共同声明」と「上海コミュニケ」の破棄
 
 第四章 化学弾頭「ノドン」の主標的は皇居 95
     ──シェルター、化学防護隊、ガス・マスク
    「テポドン・ショック」の誤謬
    「北」は化学兵器の超大国
    KEDOの縮小か、解体を

 

第二部 領域保全侵害を排除する
    ──平時に国を守る

 

 第五章 領域侵犯と自衛隊全面改正の法理 117

 

  第一節 「撃沈なき警告射撃」 118
      ──日本は主権国家か
    「北朝鮮工作船」事件の概要
    第八二条は「盲腸」条項
    「撃沈」の法理──警告射撃と実効射撃と無警告射撃
    無責任と無能力──海上保安庁の諸問題
    「平時の海軍」──領海侵犯対処と海上護衛〔護衛に傍点〕

 

  第二節 核投下を招く「撃墜なき警告射撃」 143
    準・空軍から航空警察へ──空自を格下げた防衛庁内局
    防衛庁内局の狂った解釈
    無警告の実効射撃

 

  第三節 全面削除すべき「武器の使用」条項 158
    準・軍隊か、治安警察か
    軍と警察の混同こそ危険な政策
    「悲劇の沖縄戦」を繰り返す第九二条──警察庁に「治安警察隊」の創設を

 

  第四節 ゲリラ・コマンドの大量侵入 185
      ──皇居破壊と日本全土の化学戦・細菌戦
    ラングーン事件の教訓
    Mig-25領土侵犯事件の教訓

 

 第六章 尖閣諸島の不法占拠を狙う中共 195
     ──海保に対応能力は無い
    園田直・外務大臣の「犯罪」
    尖閣諸島の軍事占領を計画する中共
    【参考】西村眞吾代議士の「中国海洋調査船の我が国領海侵犯等に関する質問主意書」

 

 第七章 吉田茂とその「反・軍隊」ドクトリン 211
    再軍備を妨害した吉田茂
    軍隊の共産革命を恐れた吉田茂
    吉田茂と核武装の遺言
    
 第八章 文民の過剰優位が国を亡ぼす 227
     ──「シビリアン・コントロール」批判
 
あとがき──知力の小児化が進む日本人 257

 

註 261

 

─────────────────────────────────
著者略歴
───────────────────────────────────

 

中川八洋(なかがわ・やつひろ)
筑波大学教授(国際総合学類)。
昭和20(1945)年、福岡県生まれ。東京大学工学部航空学科宇宙工学コース卒。スタンフォード大学政治学科大学院を経て、昭和55(1980)年、筑波大学助教授となり、昭和62(1987)年より現職。比較政治学・比較憲法学、近代政治哲学、国際政治学、軍事戦略理論、国家安全保障政策、ロシア論、外交史など、多方面に幅広い造詣を有し、言論界・出版界で活躍を続ける。著書には、『日本政治文化論』『超先進国日本』『現代核戦略論』『核軍縮と平和』『ゴルバチョフの嘘』『新・日本国憲法草案』『蘇えるロシア帝国』『近衞文麿とルーズヴェルト』『正統の哲学 異端の思想』『国が亡びる』ほか、多数ある。訳書には、『ソ連核戦争戦略』『ソヴィエト海軍戦略』などがある。

 

───────────────────────────────────
所蔵
───────────────────────────────────

 

国立国会図書館 あり(請求記号:AC9-331-G13)
http://iss.ndl.go.jp/
都立中央図書館 なし
都立多摩図書館 あり(請求記号:392.1/ 5001/ 1999 )
https://catalog.library.metro.tokyo.jp/winj/opac/search-detail.do?lang=ja 

 

───────────────────────────────────
情報元
───────────────────────────────────

 

 

───────────────────────────────────
他文献
───────────────────────────────────

 

 

───────────────────────────────────
備考
───────────────────────────────────

 

・装幀;川端博昭

 

───────────────────────────────────
内容
───────────────────────────────────

 

 

───────────────────────────────────
更新履歴
───────────────────────────────────

 

2013-05-27

 

 

一つ前のページに戻る〕〔サイトのトップに戻る〕〔このページのトップに戻る