『ゴルバチョフの日本謀略』

アマゾンへ注文
───────────────────────────────────

 

〔副題〕 ソ連外交とマルクス・レーニン主義
〔著者〕 中川八洋
〔シリーズ〕 -
〔出版社〕 日本教文社
〔発行年〕 1988-05-25
〔ページ〕 214頁
〔ISBN等〕 4-531-06186-1
〔価格〕 定価1100円
〔箱・帯〕 箱:なし 帯:あり
〔体裁〕 四六判 19.5cm×14.0cm ハードカバー
〔図表〕 あり
〔注記〕 -
〔分類〕 図書
〔備考〕 -

 

───────────────────────────────────
目次
───────────────────────────────────

 

まえがき 1

 

目次 6

 

第一部 宣伝〔プロパガンダ〕と工作──ゴルバチョフの日本「外交」

 

 第一章 ゴルバチョフの対日強硬と日本蔑視
  第一節 対ソ友好ムードが、ソ連の対日強圧外交を招く 12
  第二節 「日本を軍事的に包囲せよ」─ゴルバチョフ書記長 21
  第三節 ソ連の微笑は侵略の前兆─スターリンに騙された日本 28
  
 第二章 侵略〔傍点〕も共産圏拡大、撤兵〔傍点〕も共産圏拡大
  第一節 ゴルバチョフがアフガン撤兵で狙うもの 39
  第二節 パックス・ソビエチカを導く戦略核兵器五〇パーセント削減 48 

 

 第三章 ソ連「外交」は、謀略の一分野
  第一節 侵略対象国を徹底的に利用するソ連 62
  第二節 世界共産化は、レーニン教徒・ゴルバチョフの宗教的義務 75

 

 第四章 ゴルバチョフの北方領土棚上げ工作
  第一節 ゴルバチョフに領土返還させる方法は? 88
  第二節 日本の領土返還つぶしに成功したフルシチョフ 92
  第三節 北方領土返還の法理
      ──日本は全千島列島も南樺太も返還要求できる 105
 
第二部 社会主義思想──”ソ連誤解”の阿片

 

 第五章 東アジア共産化とソ連の工作
  第一節 スターリンに奉仕した〔奉仕したに傍点〕 121
  第二節 ソ連工作員・尾崎秀実と「東亜新秩序」 130

 

 第六章 ”準マルキスト”であった近衞文麿
     ──日中戦争は日本の社会主義化のためにつくられた
  第一節 日中戦争の怪─その拡大と近衞文麿の策謀 148
  第二節 日本の社会主義化と近衞新体制 156
  第三節 天皇制廃止論者? 163

 

 第七章 あの「軍国主義」時代は、日本最初の社会主義時代
  第一節 陸軍主導の日本の社会主義化
      ──天皇にレーニンを期待した青年将校 173
  第二節 戦前日本に「右翼」はいたか 187
  第三節 自由主義者を迫害した戦前の政治構造 195

 

 第八章 社会主義と平和破壊の構造
     ──マルクス・レーニン主義とは、”最悪のファシズム” 201
 
 あとがき 211

 

─────────────────────────────────
著者略歴
───────────────────────────────────

 

●著者●中川八洋(なかがわ・やつひろ)
昭和20年生まれ。東京大学卒。スタンフォード大学政治学科大学院卒。国際政治学を専攻。日本と世界の平和維持に学問的情熱を傾ける生粋の自由主義者である。
現在、筑波大学教授。
著書には、『核軍縮と平和』『現代核戦略論』『ゴルバチョフの嘘』など多数ある。

 

───────────────────────────────────
所蔵
───────────────────────────────────

 

国立国会図書館 あり(請求記号:A99-R5Z-E1)
http://iss.ndl.go.jp/
都立中央図書館 なし
都立多摩図書館 なし

 

───────────────────────────────────
情報元
───────────────────────────────────

 

 

───────────────────────────────────
他文献
───────────────────────────────────

 

 

───────────────────────────────────
備考
───────────────────────────────────

 

・装幀;松下晴美
・イラスト;丸山邦彦

 

───────────────────────────────────
内容
───────────────────────────────────

 

 

───────────────────────────────────
更新履歴
───────────────────────────────────

 

2013-05-27

 


一つ前のページに戻る〕〔サイトのトップに戻る〕〔このページのトップに戻る